Taizo Kasuyaの理念

  • For athlete:世界一を目指して、アスリートの自己パフォーマンスをより高く、そしてより長くするためのサポートと追究をする。また、スポーツを通じて、世界で活躍できる人達の育成と場の提供をする。
  • For general:人生100年時代、多様でグローバルな世界に適応し発展し続ける為、社会に影響を与える人々の身体の健康とパフォーマンスをより良く個々の目標達成に合わせて提供していく。そして世の平和を1%でも向上させる。

Taizo Kasuyaの目指すケアサービス&サポート

  • 国際基準のカイロプラクティックによる施術・ケアサポート
  • 科学をベースとしたトレーニングによる体質改善・ダイエットサポート・健康の活性化
  • ほか、栄養や睡眠など総合的な観点から生活の「パフォーマンス向上」と「健康向上」のトータルコーディネート

Taizo Kasuyaに任せて欲しいこと

  • 私にできることは(メリット)、様々な経験を凝縮して、多様な観点から非常に高いレベルでの「体」の1)コンディショントレーニング2)施術ケアを同時に提供できる唯一無二のサービスを提供
  • 皆様のベネフィットは、個々の要望を最優先にし、見合った目標設定をし、理想の「体」に達成する為の必要な要素全てを限りなくサポートする完全プライベートで個々に特化されている。

history

NBAを目指しバスケットボールとスポーツ医学を学びに大学へ単身渡米、そこでサッカーに出会い、同時にグローバルな世界を知る。陸上・バレーボール・7人制ラグビーなども全国レベルで競技してきた。米国・オクラホマの大学ではスポーツ医学/サイエンス学(学位)とスポーツ心理学を、英国・リバプールの大学院では運動生理学(修士)を、日本で国際基準のカイロプラクティックの資格(DC)をそれぞれ履修し、様々な研究に携わり、出稿もしている。現在は運動生理学でMphilを履修中。

 各国の世界最高峰級の施設で、数多くのワークやインターンシップを経験、TRFC(Tranmere Football Club)ではトップパフォーマンスコーディネーター、LFC(Liverpool Football Club)では運動生理コンサルタントのアシスタント、英国トップの大学付属トレーニングプログラムではプログラムリーダーとして、また同時期に各競技の英国代表チーム、プロクラブチーム、各国のオリンピアンや学生チャンピオンなどのべ20競技以上のスポーツ競技者を監修・指導・育成、また治療を織り交ぜたサポートをしてきた。アスリートのみでなく、一般の方々も対象に多様な場所で「健康とパフォーマンスの向上」をタイトルとし、手広く活動している。今までに~500人規模の講義・講演を幾度となくこなす。スポーツに携わった年数は約20年、うちプロ選手としてはのべ6年、トレーニング指導歴は15年、治療歴は10年、世界約40か国以上に訪問し、8か国に在住経験。

粕谷泰造 Taizo Kasuya) Doctor of Chiropractic(D.C.)

Language:Japanese, English, Spanish, Portuguese

  • 教育/資格:
    • Mphil., (英:リバプール ジョンムア大学院) – 21’
    • DC as Doctor of Chiropractic (日:東京カレッジ オブ カイロプラクティック) 16’ – 20’
    • MSc., (英:リバプール ジョンムア大学院) 12’ – 13’
    • BSc., (米:オクラホマ バプティスト大学 & オクラホマ大学) 05’ – 08’
  • 資格:
    • NSCA-CSCS, NSCA-CPT, UKBSC, NCBTMB, NESTA, USSF-C, DFB-C, NSCA会員, JAC会員, AASP会員, 他
  • 研究:
    • ECSSプレゼンサポート、ECSSポスター掲載、SOKKAプレゼン、英国/日本の大学で研究掲載
  • トレーニング臨床歴:
    • 個人/団体のプロアスリート, オリンピアン, 大学アスリート, ほか関係者, 一般
    • 対象競技はサッカー, ラグビー(7&15人制), 陸上競技, バスケットボール, バレーボール, アルペン(スキー・スノーボード・スケート), ネットボール, ラクロス, 水球, ハンドボール, トランポリン, フェンシング, オーストラリアンフットボール, アメリカンフットボール, ウェイトリフティング, テコンドー, フィールドホッケー, ボクシング, 柔道, ランナー, チアリーディング, 他
  • 競技歴:
    • USA (07’-08’), Sweden (08’), Germany (09’-11’), Spain (11’-12’), Germany (12’), 他

      Language:Japanese, English, Spanish, Portuguese

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

HIIT&DIET トレーニングについて

  • HIIT:High Intensity Interval Training(高強度インターバルトレーニングの略)とは、高強度で短時間の運動(主に無酸素系の運動)を不完全の回復インターバルをはさみながら繰り返すトレーニング方法。
  • HIITはグルコース代謝を改善し、脂肪を燃焼させる効果があると多数の研究からなされている。例えば、「血中の糖を筋肉に摂りこむ”GLUT4”とミトコンドリアを転写する”PGC-1a”が増大する。」と報告。”GLUT4”は血中の糖を筋肉に摂りこむための輸送体=運搬車の役目をするたんぱく質、”PGC-1a” はミトコンドリアを転写する物質でミトコンドリアを増やす効果=筋肉動かすエネルギー源であるATPの生産工場としての役割で持久力の向上と直結する。

効果:
  1. 短時間でできる=今すぐ、自宅でできる
  2. 脂肪燃焼効果がある!=アフターバーン *体脂肪、内臓脂肪だけでなく皮下脂肪にも効果があるとの報告
  3. 有酸素運動能力(持久力)向上の効果がある *最大酸素摂取量の増加
  4. 無酸素運動能力向上の効果がある *短時間で行う作業のエネルギー発火を促す能力の向上≒筋力
  5. 筋力向上の効果がある *筋肥大だけでなく、筋持久力も向上すると報告
  6. リハビリテーションの現場でも少しずつ取り入れられている(ウォーキングなどでの強度調整)

ビギナーコース&アクティブコース

詳細は、ビギナー&アクティブコースページへ

キッズ向けコース

詳細は、キッズヒートページへ

プロフェッショナルコース・ヒートマスターforインストラクター(仮)

  1. ヒートの理論学・トレーニング学・運動学 *PPT講義
  2. ヒートの実践応用・プログラム構成 *ハンズオン
  3. 8つの専門学 *PPT講義:目標設定・姿勢・栄養・自己管理・運動学/生理学・心理/精神マネジメント・睡眠・生活環境

※オンラインで2時間・ハンズオンで2時間×4で合計10時間

ヒート・ザ・スポーツチーム

  1. 初回の運動生理とトレーニングの説明・講義 *講義、自己管理のやり方、目標設定(チームと個人)
  2. 週2のオンラインセッション(45分) *①ウォームアップ・②コーディネーショントレ・③基礎トレ・④ヒート・⑤クールダウン
  3. 月一の運動生理のコンサル他 *One tapなどを用いて管理、事前に身体測定
  4. 個々のトレーニングメニューのアドバイス
  5. 個々のトレーニングメニューの作成 ➡ 別途費用

※今の問題、①トレーニングメニューしか渡してない(発信のみで共有/フィードバックがない)、②共有しても個々のみでチームビルディングが欠如、③共有しても運動(トレーニング)のみで運動生理の観点(生活習慣・栄養・睡眠・代謝など)が欠如、④ソフト面とハード面が構築できていない?

 

 欧米のプロサッカーリーグで鍛えたフィジカルとメンタル、そしてスポーツ医学や生理学で学んだ知識やテクニックを高度な次元でミックスした上で、その後も研究・検証・学びを繰り返している粕谷泰造氏、その向上心と精神力そして行動力に敬意を表します。今後は、姿勢サイエンス協会の仲間たちと『根拠ある姿勢で日本人を健康でカッコよくする!』に尽力・貢献してくれると確信しております。また、皆様の健康やパフォーマンス向上だけに留まらず、語学(Japanese, English, Spanish, Portuguese)を活かし、グローバルなカイロプラクターとしても是非ともご期待くださいませ!

姿勢サイエンス協会 代表理事 木津直昭

 

 

PAGE TOP